SPOTLIGHT

注目のコトやモノを実現した想い

ショップやイベント、製品開発などに携わるヒトのこめられた想い、
ストーリーに迫ります

sportsfirst_0090

スイマーの目標となりうるような、魅力あるコンテンツを!
樋上達也

2015.07.17

「Speedoを通じてスイミングカルチャーをライフスタイルのなかに根付かせていきたいんです」

昨夏、期間限定で東京体育館に登場した「Speedo ポップアップショップ」。好評につき今年は東京体育館に加え、港区スポーツセンターでも展開している。松田丈志選手ほか世界的なコンペティターが着用しているイメージが強いSpeedoだが、ここではフィットネス&トレーニング系の商品を通じて市民スイマーにブランドの魅力を伝えている。

sportsfirst_speedo_05
  • sportsfirst_speedo_07
  • sportsfirst_speedo_04

▲ 港区スポーツセンター

「東京体育館のポップアップショップでは常設の店舗では展開していない『Play & Fun Collection』やベビー用スイムウェア、『Speedo SWIM CLUB』のTシャツなど、スイマーに嬉しいアイテムを豊富に取り揃えています。多くのスイマーが集まるロケーションで、ブランドが持つ世界観を共有していきたいですね」

そう話すのは、昨年からSpeedo事業部に加わった樋上達也さん。現在は企画チームに所属、主にフィットネス系商品の企画に携わっている。小学校から大学卒業までサッカー漬けの毎日を送っていた樋上さんにとって、水泳はまったくの門外漢。現在は仕事帰りに区民プールやジムのプールで水泳に親しんでいるそうで、このスポーツの面白さが少しずつわかるようになってきた。

「水泳の良さは団体競技と違って一人で気ままに楽しめるところと、水がある場所ならどこでも楽しめるところ。プールが一般的だとは思いますが、海、川、湖と、アウトドアのロケーションでも楽しめるんですよね。オープンウォーター、トライアスロン、水球などさまざまな競技があって、一歩プールから離れてみたら、水泳のフィールドは無限に広がっているんです」

sportsfirst_speedo_26
sportsfirst_speedo_22
sportsfirst_speedo_27

▲ 東京体育館

オープンウォーターの世界に圧倒された

昨夏、Speedoは「お台場オーシャンスイムクリニック」をサポートした。トライアスロンの聖地として知られ、2020年の東京オリンピックではトライアスロン競技の開催地となるお台場で、トライアスロンのスイムパートを体験しようというイベントだ。100m以上の泳力があるスイマーを対象にした初級クラスと400m以上の中・上級クラスを設け、ブイ曲がり、集団泳といったテクニカルなトレーニングから実践的なインターバル・長距離泳までをレクチャー。オープンウォータースイムの奥深さを樋上さんに印象付けた。

その一方で、プールの中においても幅広い年代のスイマーがマスターズなどの大会出場を目指して日々、切磋琢磨している。そうした様子を見るにつけ、「水泳は生涯スポーツ」と肌で感じるという。

「だからこそ、長く水泳を続けているスイマーのためにも中期的な目標となりうるイベントが必要だなと思っています。レースしかり、オープンウォータースイムしかり。他の競技に比べて始めるにあたってのハードルが低いスポーツですが、本当の生涯スポーツになるにはそれぞれがモチベーションを維持できるような取り組みがあるといいですよね」

  • sportsfirst_speedo_19
  • sportsfirst_speedo_17
sportsfirst_0109_top

▲ 東京体育館

Speedo SWIM CLUBでスイムカルチャーを盛り上げたい

現在、Speedoが力を入れている「Speedo SWIM CLUB」では、トップアスリートによるスイムレッスンから「お台場オーシャンスイムクリニック」のようなイベントまで、スイムカルチャーの裾野を広げるべく多彩なコンテンツで活動している。「Speedo SWIM CLUB」からさまざまなタイプのスイマーの目標となりうるような企画を発信していきたい、と樋上さん。

「そのためにも、まずはもっと水泳に親しんで、地元のプールに出かけ、スイマーの声に耳を傾けて。みなさんに待ち望んでもらえるような取り組みができたら本望です」

sportsfirst_speedo_16

樋上 達也(ひのうえ たつや)
1988年7月30日、大阪府茨木市出身。幼少期に体操、水泳、スキーなど色々なスポーツを経験後、学生時代は小学生から始めたサッカーに没頭。特に高校3年間は正月以外はボールを追いかけていた毎日。スポーツに関わる仕事と、ものづくりがしたいという想いから2012年ゴールドウインに入社。チャンピオンの営業を経験した後、現在に至る。今はフィールドをグラウンドからプールに替え、日々奮闘中。まずは自分がスイマーの想いを感じ取って、具体的に商品に体現したいという考えから週に1回はプールに通い、実際に着泳することも。サッカー以外の他のスポーツも色々やってみたいが、いまは泳ぎが上手くなりたいという気持ちが一番。

Speedo POP UP SHOP IN 東京体育館ティップネス
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-17-1
☎ 03-5474-2114
期間: ~8月31日(予定)

Speedo POP UP SHOP IN 港区スポーツセンター
港区芝浦一丁目16番1号 みなとパーク芝浦3階
☎ 03-3452-4151
期間: ~8月31日(予定)
☎ 03-6411-7650
※営業時間はそれぞれの営業時間に準じます
HP:http://www.speedo.jp/event_news/popup_shop/

(写真 渡辺英守 / 文 倉石綾子)

RECOMMEND POSTS

RELATED SPORTS