SPOTLIGHT

注目のコトやモノを実現した想い

ショップやイベント、製品開発などに携わるヒトのこめられた想い、
ストーリーに迫ります

いくつになっても「スポーツマインド」を持ち続けてほしい
浜出直人

2015.04.24

「ザ・ノース・フェイスでは山登りに出かけ、ヘリー ハンセンでは海の魅力を教えてもらいました。今度はバスケかラグビーか。僕なりのアスリートマインドで、新しいスポーツにも積極的にチャレンジしていきたいですね」

4月10日にオープンしたばかりの「ららぽーと富士見」。ここに、新しいコンセプトのスポーツセレクトショップ「Athletic Dept.(アスレチック デプト)」がお目見えした。「Bring out your inner athlete mind」をテーマに掲げ、カンタベリーオブニュージーランドとチャンピオンの2ブランドをフィーチャー。誰もが心に秘めた「アスリートマインド」を引き出すようなアイテムを、ラグビー、バスケットボール、スポーツ観戦、ライフスタイルという4つのパッケージで提案している。

アスリートマインドを掘り起こせ! キーワードは“体育”

この「Athletic Dept.」を率いるのが浜出直人さん。「ザ・ノース・フェイス」、「ヘリー ハンセン」を経てこのたび、「Athletic Dept.」を担当することになった。

「ひと昔前なら街のあちこちにあった、運動用品店。あの佇まいを現代的に表現し直し、アメリカのカレッジのエッセンスを加えたのが『Athletic Dept.』です。そのイメージはスポーツというより、むしろ “体育”。ターゲットは、現在進行形で“体育”を楽しんでいる学生と、数年前に楽しんでいた20〜30代の男女です」

浜出さんたちの年代にとって、学生時代の部活の記憶とは懐かしくてキラキラしているもの。そうした記憶に眠っているアスリートマインドを掘り起こし、もう一度運動しよう!という提案を、店作りを通じて行うショップである。

浜出さん自身はバスケもラグビーも未経験。だがチームスポーツの魅力は十分に理解しているつもりだ。小・中学生では、サッカー部に所属し、Jリーグ創世記世代として青春時代は部活に費やした。後に最初に配属されたザ・ノース・フェイス札幌ファクトリー店やその後の転勤先のチャンピオン新潟店でも近隣ショップやお客様と草サッカーを楽しむ。

「バスケやラグビー、サッカーなど団体競技の魅力は、なんといってもチームで味わう達成感と充足感。それは一人でやる競技でも味わえるかもしれませんが、チームワークを極めるために日々練習し、仲間と一緒に経験するそれは、より密度の濃いものであるはずです。近年、ランニングやトレイルランニングのクラブがあちこちに発足されているのも、チームでの連帯感を味わいたいからではないか。また、自分が1プレイヤーとして機能する戦略性も、団体競技ならではの面白さ」

アスレチック系スポーツの総合セレクトショップを目指して

現在はバスケとラグビーのみをフィーチャーしているが、ゆくゆくは体育会というイメージのなかで、テニスや水泳など競技のバリエーションを増やしていきたいのだとか。「Athletic Dept.」は運動用品店であるのだから、いずれは「アスレチック系スポーツの総合セレクトショップ」に。そんな思いを抱いている。

そのためにはお客様と密接にコミュニケーションを図りながら、ショップ独自のイベントやツアーも積極的に打ち出していくつもりだ。たとえば、商品を購入し、みんなで観戦ツアーに出かける。そんな体育会ノリのイベントが企画できるのも、新業態である「Athletic Dept.」ならではと言えるだろう。

「結局、僕たちがここで提案していきたいのは『一緒に身体を動かそうよ』という誘いかけだけではなく、そうしたモチベーションに紐づくコミュニティなんです。誰しもが、家庭や職場以外でのコミュニティ、つまり居心地のいい“居場所”を必要としています。チームスポーツというキーワードで仲間と繋がっていれば、そのコミュニティはいずれ個々のライフスタイルの一つとして根づいていくし、そうしたライフスタイルがあればこそ、生涯スポーツの意識が生まれるんじゃないでしょうか」

この店を通じて、スタッフ、お客様という垣根を超えてのコミュニティ、チーム作りができればいい。そうすれば『Athletic Dept.』はただ消費する、情報を得るだけの場所ではなく、誰かにとっての“居場所”になる。

「一過性のブームに踊らされず、アスレチック系スポーツを誰かの生涯スポーツに。この店がそんな存在になればいいなと願っています」

浜出 直人(はまでなおと)
1979年7月21日、北海道札幌市出身。大学卒業後、北海道という極寒の地でかねてより慣れ親しんでいたTHE NORTH FACE札幌ファクトリー店にアルバイトとして念願の入社。その後、新潟店でザ・ノース・フェイス、チャンピオン兼任マネージャー、ヘリー ハンセン原宿店マネージャーを得て現在に至る。北海道時代は幼少期よりサッカー、水泳、スキーとスポーツに明け暮れながらもスキーウエアやダウンジャケットなどは当時よりTNFを愛用。入社後も土地柄からか主にスノースポーツに傾倒。その後は転勤を重ねる毎に様々なブランドと向き合い、特にヘリーハンセン原宿店においてはノルウェーツアーに始まり、ディンギー・セーリングなど今までに無い経験を重ねる。マイブームは、庭付きの新居に越したのもありガーデニングとDIY。そして「都会の庭」というとてもミニマムなフィールドで行えるアウトドア。

Athletic Dept. ららぽーと富士見店
埼玉県富士見市山室1-1313 ららぽーと富士見 3F
☎ 049-257-5519
営業時間:10:00~21:00
ららぽーと富士見の営業時間に準じます
HP:http://goldwin-blog.jp/athletic-dept/9502

(写真 八木伸司 / 文 倉石綾子)

RECOMMEND POSTS

RELATED SPORTS